#04

Masanari Sawai

管理部 / 南山大学出身 / 2018年入社

自分がどう見られるかよりも、自分がどうしたいか

大学時代は理工学部に在籍し、主にソフトウェア工学を専門に学んでいました。当時の自分はものすごく保守的な考えを持っていて、いつも「周囲から自分がどう見られているのか」ばかりを意識していたように思います。しかし、偶然にも当社の会社説明会に足を運んだ時、その考えが一変したんです。一人ひとりの強みを伸ばす社風に惹かれただけでなく、「この会社で頑張れば自分の殻を破れるんじゃないか」と思うようになりました。そして、自分がどう見られるかよりも、自分がどうしたいかが重要なのだと思い知らされました。2018年、「今までとは違う生き方をしたい」という思いで入社したEnjinから、私の第二の人生がスタートしたんです。

自分の適性を見出し、力強く背中を押してくれた職場

入社してから約一年半は、プランナーとして仕事に没頭し、自分の殻を破り続けてきたように思います。しかしそれと同時に、「もっともっと成長していきたい」という欲も増していきました。当然、プランナーにはプランナーの醍醐味がありますが、理系出身の自分の性格はとにかく細かい(笑)。何事も突き詰めて考えるタイプでもあるので、スピード感のある営業の現場などでは何度も立ち止まってしまうこともありました。どうしてこれが正しいのか、どうすれば正しい方向になるのかを事あるごとに考えてしまうんです。そうした考えを上司に相談したところ、私の理想や将来像に真摯に向き合い、一緒に悩み、様々な意見やアイデアを提示していただきました。その中で行き着いた選択肢が、経理という職種だったんです。当初、経理の職に就くなど考えてもいなかったですし、自分にとっては未知の世界でした。しかし、そんな背中を力強く押してくれたのは、先輩や同期を含めた会社の仲間たち。今では経理が天職じゃないかと思うほどです。様々なお金の動き、取引状況の背景を注視しながらロジック立てて考えるあたりが、細かい性格の自分にはものすごく向いていたんです。

最大限のパフォーマンスを発揮し、攻める経理へ

当社では、経済、健康、人間関係が良好な状態を幸せである定義とし、それを「幸せトライアングル」と呼んでいます。私自身も社会人3年目を迎え、その3つのバランスを拡げていくことの大切さを痛感しているところです。やりがいのある仕事に就き、自分のパフォーマンスを最大限に発揮していくためには、健康面にも配慮しながら自己管理を徹底することも大切な仕事の一つ。適度な睡眠や運動などには人一倍気を遣っている方なので、社内では健康オタクと呼ばれているほどです(笑)。当面の目標として掲げているのは、30歳までに管理職を目指すということ。そして自分のためではなく、社会や人のために何かを与えられる人間になっていければと思っています。「親孝行がしたい」。「自分の支えになってくれた方々へ恩返しがしたい」。与えたいことはまだまだ山ほどあります。そのためには自らトライし続けなければいけないと思っていますし、それが与えられる人になる第一歩でもあると考えています。一般的な経理業務は昔の自分がそうであったように、保守的なイメージを持たれている方も多いかもしれません。しかしそんな概念は、当社では通用しないと思っています。経理は正しく資産を使えているかどうかを数字で示す、会社にとって羅針盤のようなもの。保守的な経理だけでなく攻める経理としても、会社を正しい方向へ導いていきたいですね。

Member profile

M.SMasanari Sawai

出身大学
南山大学
入社年
2018年
部署
管理部
担当
経理
出身
愛知