JA

EN

MENU

KNOW-HOW

「PR」と「広告」の違いとは?
知られていないPRの仕事、ここがポイント

「PR」と「広告」の違いとは?知られていないPRの仕事、ここがポイント

日本では、「PR」という言葉がさまざまな意味合いで使われています。みなさんは「PR」と「広告」、また「PR」と「広報」の違いをご存じでしょうか。そもそも「PR」とは、何を目的とした活動なのでしょう。ここでは、PRの仕事の目的と業務の流れ、その全体像をご紹介します。

 

PRと広告の違いはどこにある?

早速ですがみなさんは、「PR」と「広告」の違いをきちんと理解しているでしょうか。日本では、「PR」という言葉を「何かをアピールする」意味で使うことが多く、広告と混同されがちです。「PR」と「広告」は〝企業や製品、サービスについて広く知ってもらう活動〟という意味では同じですが、アプローチ方法が異なります。

「広告」は、新聞やテレビ、ネットなどの広告枠を買い取り、自ら製品やサービスをアピールすることです。企業側が考えたタイミングで打ち出したいメッセージを発信できるため、上手にやれば即効的な効果が得られます。ただ最近では、「どうせ広告だから」と最初から消費者に敬遠されたり、内容を信用してもらえなかったりするケースも少なくありません。

 

「PR」と「広告」の違いとは?知られていないPRの仕事、ここがポイント

PRの目的は、組織とステークホルダーとの信頼関係を築くこと

一方の「PR」は、「パブリックリレーションズ」の略。自社や製品のことを広く一般の方に知ってもらい、良好な関係を築くための活動をいいます。

例えばPR活動の一つである「パブリシティ」は、メディアにニュースや記事として、商品やサービスを取り上げてもらうことです。広告ではないので、取り上げられるかどうかはメディア側の判断次第。紹介時期や記事の内容をコントロールすることはできません。その一方で、メディアが第三者の視点から価値ある情報だと判断して紹介してくれるので、その製品・サービスに対する消費者の信頼が増す効果があります。うまくいけば、低コストで会社や製品の宣伝をしたり、企業イメージを高めたりすることができるのです。

このように「PR」には、広告のような即効性はないものの、長い目で見たときに広告以上に効果を発揮することがあります。特に消費者が成熟した現代では、広告がかつてのような効果を発揮しにくくなっています。そのため最近は、「広告」よりまず「PR」を先行して重視する「PRファースト」という考え方が、マーケティングの世界に広がりつつあります。

ちなみに、「PR」と「広報」の違いは何でしょう。現実には同じ意味合いで使われることが多いのですが、「広報」の本来の意味は〝広く報じて知らせること〟。どちらかというと社会への一方向の情報発信をいいます。一方「PR」は、「パブリックリレーションズ」の略であることからも分かるように、双方向の関係性・コミュニケーションを重視した概念です。

「PR」と「広告」の違いとは?知られていないPRの仕事、ここがポイント

PRの仕事の流れを把握しよう

それでは最後に、PRの仕事の一般的な流れをご紹介します。

〈マーケット調査〉
まずは企業やブランド、製品やサービスが、マーケットにおいてどのような状況にあるのか、競合を含めた分析を行います。

〈ターゲット・目標設定〉
次に、どのような層に対してコミュニケーション活動を行うのか、ターゲットを明確にします。その上で測定可能な目標を立てます。

〈戦略立案〉
続いて、目標を達成するための戦略を立てます。ターゲットに対して、どのようなメディアやチャネルを使い、どんなアプローチで、どのようなメッセージを届けるかを考えます。

〈施策の実施〉
戦略に基づいて、PRキャンペーンやイベントの実施、オウンドメディアやSNSでの発信など、具体的なプランを実行します。

〈検証〉
PR施策は、実行して終わりではありません。結果を分析・改善し、次の施策へ生かす、つまりPDCAを回すことで、より実効性のある施策へと進化させることができるのです。

「PR」と「広告」の違いとは?知られていないPRの仕事、ここがポイント

PREV

NEXT

TOP