JA

EN

MENU

TREND

ブランディングがもたらす5つの効果

ブランドって何?

ブランドと聞くと銀座や免税店に店舗を構える高級ファッションブランドを思い浮かべるかもしれませんが、高級品=ブランドではありません。ブランドとは「他の商品やサービスと区別するための要素」のことで様々な要素が絡み合って形成されています。

今の説明だけではあまりピンとこないかもしれませんが、実は日常手にしている商品やサービスにも多くのブランドが存在しています。

例えばスーパーでお茶を買うときに、名の知れた飲料メーカーの品と無名のメーカーの品が並んでいると、少し高くても名の知れた飲料メーカのものを手に取る方も多いのではないでしょうか。これぞまさにブランドが確立されているから起こる現象なのです。

ブランドが存在していなければあえて高い商品を手に取る人は少ないと思いますが、少し高くてもそれを手に取るのはそのブランドに何らかの価値を感じているからなのです。

ブランドを作る要素

ブランドは複数の要素から成り立っており、ブランドイメージを構成する重要な要素の代表的なものに以下があります。

・ロゴ
・ネーミング
・キャッチコピー
・パッケージ
・コンセプト
・デザイン
・キャラクター

これらは企業側がコントロールできるものですが、ロゴやキャッチコピーを作ったからと言ってブランドが確立されるわけではありません。そこに消費者やマスメディア、一般大衆が頭の中で想起するイメージや価値など複数の要素が合わさって形成されるのです。

ブランディングがもたらす5つの効果

ブランディングとは「ブランド」を作ること。消費者からの認知や信頼を通じて企業や製品の価値を高め、市場における地位を確立する活動のことで、企業におけるマーケティング戦略の一つになります。ではこのブランドを確立できるとどのような効果があるのでしょうか。

1.価格競争を回避できる
ブランディングによって競合企業との差別化ができていない場合、集客するためのもっとも簡単な方法が価格を下げることです。ところが冒頭のスーパーのお茶の例のように、ブランドが確立されていれば価格競争に巻き込まれるリスクが減ります。「ブランド=高級」がイメージされるのも価格競争に巻き込まれていない表れです。

2.優秀な人材の確保
人材不足が深刻化し、優秀な人材の確保に向けて採用活動が過熱する昨今、注目を集めているのがブランディングです。同じ業種、同じ条件の会社があった場合、最終的に入社を判断するのはその企業に対するイメージではないでしょうか。ブランド認知を高めることで、ブランドから発信する理念や企業姿勢に共感した人材を採用することができ、ミスマッチによる早期退職なども防ぐことができます。また、認知度が上がることで社会的安心感への効果も期待でき、入社する本人だけでなくその親戚家族など周囲からの信頼も得ることができます。

3.社員のモチベーションアップ
自社や自社製品がブランド化されることで、会社や製品に対する感情移入にも変化が訪れ、社内の士気が向上します。また、社員がブランドから想起されるイメージを崩すことのない行動を心がけるようになり、社内統制の効果にも繋がります。

4.集客
ブランディングによって認知度が上がると「安心感」が生まれます。初対面の人と出会ってすぐに気を許せる人は多くないと思いますが、対企業や対製品でも同じことが言えます。例えば新規営業でも名前を知っている企業と知らない企業とでは、知っている企業の方が親近感を感じるため入りやすくなります。さらに営業先が事前に自社に対して良いイメージを持っていたら契約にいたりやすくなるのは想像がつきますよね。

5.リピート率
ブランド価値を提供し、顧客が愛着や思い入れを感じるようになると、繰り替えし購入するロイヤル顧客になってくれやすくなります。それだけでなく、いわゆる口コミで自然と友人や家族など周囲に良さを広めてくれるようになり、ブランド認知の拡大や新規獲得などさらなる効果が期待できます。

「人的魅力」が消費者の心を掴む

企業広報戦略研究所の調査によると、消費者は企業の魅力を判断する際に「人的魅力」を重視しており、その傾向は年々強まっているようです。

産業革命、高度経済成長期を経て、人々の生活は一気に向上しました。ものが溢れる時代になり、「多機能」競争が激化し、性能も格段に上がった現在では、逆に機能を使いきれない消費者も多いのではないでしょうか。そんな商品、製品の利便性は当たり前になった今、次に消費者が重視するのは「人」による企業の魅力なのです。

Apple、テスラ、ソフトバンク、ユニクロと世界的に有名な大企業の社長が先陣を切って会社を引っ張り続ける姿を見るたびに、今度はどんなことをして世間を驚かせてくれるのだろうかと思うのは私だけではないと思います。このように社長自らが会社の顔として指針を示す企業に魅力を感じるのは社長の魅力に企業の将来性への期待が大いに含まれているからなのではないでしょうか。

NEXT

TOP