#06

Hiroyasu Ito

コーポレート本部 / 2019年入社

企業の縁の下の力持ちとして、安心して頼られる存在に。

Enjinには誰もが成長できる環境が整っており、福利厚生や制度も充実しています。私が入社する以前に見学で訪れた際も、社員の皆さんがとても楽しそうに仕事されている姿がとても印象的でした。オフィスは仕事をするためだけの場所ではなく、社会の役に立つための拠点であるという姿勢が、社内の雰囲気からも伝わってくるんです。そうした一つひとつの要素が、Enjinに入社を決める後押しとなりました。

実際に入社してみると、「成長している会社の一員であるんだ」という実感が日に日に増してきているように思います。そして会社が成長を続けているからこそ、そこで働く社員も成長を続けていかなければいけません。先輩方は常に後輩や新人のことを気にかけてくれますし、役に立つ知識やアドバイスなどの情報共有は日々更新されていきます。丸1日をかけてマンツーマンで指導していただけることも日常的にあり、忙しくても嫌な顔一つせず丁寧に教えてくれる先輩ばかり。成長する企業は社員同士が競い合い、ギスギスしているような印象もあった私にとって、それは大きな驚きでもありました。分からないことや困ったことがあってもすぐにサポートしてくれる環境には感謝しかありません。

成長に直結する環境の中で

当社の事業を通じて、人として学べることは数多くあります。とくにEnjinの特徴と言えるのが、社会で活躍されている経営者や著名人など、社会的影響力の高い方々と一緒にお仕事ができることではないでしょうか。そうした環境に身を置くことにより、様々な業種・業態における仕事観や、物事に対する考え方、人生に対する価値観などを直接的に学ぶこともできます。学びを得ることで仕事の成果にも繋がるため、これほど自分の成長に適した仕事は他にないと思っています。それが私にとって一番のモチベーションにも繋がっているんです。現在はコーポレート本部という部署に所属し、主に社内点在する様々な部署の課題を解決していくことがメインの業務となっています。決められた期間や予算、コストなど、限られた条件のもと新しいシステム導入を行ったり、適切な環境改善を行なっていくのが私の役割。単に各部署の課題解決をしていくだけでなく、社内全体が円滑に業務を回せるように多角的な視点を持ちながら業務に当たっていくことが重要だと思っています。

関わる全ての人が、幸せであってほしい

そして今の仕事を通じて、関わる人全ての幸福度を高められるようにしていくことが永久的なテーマでもあります。何より人の役に立てた瞬間は充実感も増しますし、誰かが目の前の壁につまずいたり、立ち止まってしまっている時にこそ、手を差し伸べてあげられるような人でありたい。何か困り事があれば、「伊藤に頼もう」と言われるような存在になっていくことが私の目標でもあるからです。今後も会社はさらに成長を続けていくと思いますし、規模が拡大していくにつれて課題や管理しなければいけない業務領域も増えていくでしょう。それと同時に、今までのルールやキャパシティも変わってくるはずです。そういった様々な変化にも柔軟に対応していきながら、縁の下の力持ちとして全社員の幸福度を高めていけるような運営やサポートを行っていくこと。そのためにも邁進あるのみです。

Member profile

H.IHiroyasu Ito

入社年
2019年
出身
三重
部署
コーポレート本部
担当
経営企画